ナラティブ(物語)について

ナラティブ(物語)について

 ここ数年で耳にするようになったナラティブ(Narrative)。まだ馴染みの浅い言葉であるが、直訳すると「物語」という意味を持っている。多くの者がイメージする「物語」とは「ストーリー(Story)」ではないだろうか。

 では、このナラティブとストーリーとの違いはなんなのだろうか。

 CEDEC2013にて講演された株式会社スクウェア・エニックスの簗瀨洋平氏と同・遠藤雅伸氏によると、下記のような見解をうかがえる。(転載元:[CEDEC 2013]海外で盛り上がる「ナラティブ」とは何だ? 明確に定義されてこなかった“ナラティブなゲーム”の正体を探るセッションをレポート)

続きを読む ナラティブ(物語)について

【ゲーム書籍レビュー】ゲームクリエイターの妄想ディスカッションが面白すぎる「ベストセラー本ゲーム化会議」

diary20150226

どうもこんにちは。ゲーミフィJAPAN編集部トレジャーハンターのさとうです。

普段は自己啓発本を読んでその時だけテンション上がって次の日には現実世界の無理ゲーに押し戻されて鬱になる読書ライフですが、たまには「ゲーミフィ的」な書籍を紹介させていただきます。

続きを読む 【ゲーム書籍レビュー】ゲームクリエイターの妄想ディスカッションが面白すぎる「ベストセラー本ゲーム化会議」

ITエンジニア(あるいは多くの日本人)の裏切り耐性

 

枢機卿の石神です。

今日は、「ディプロマシー」というゲームを通じて私が感じたことを書きたいと思います。

ディプロマシーについての解説はWikipediaをはじめとして、多くのWebページでされているので割愛します。

簡単に言うと、
・第一次世界大戦前のヨーロッパが舞台
・プレイヤーは7人まで、7つの国をそれぞれ受け持ち、戦争をして領土拡大を狙う
・土地による有利不利はあるが、戦力としては拮抗、このため協力(同盟)、交渉が大事
・「友情破壊ゲーム」とも言われている
といった感じです。
私自身は、このゲームを数回しかやったことが無く、ゲーム自体の分析が出来るほど習熟している訳ではありません。
「ディプロマシーというゲーム自体に詳しくない人達がやっている」という前提でお読みください。
(「ディプロマシー」自体への解釈も、経験の少ない私の独自のものです。偉そうな語りですみません。)

続きを読む ITエンジニア(あるいは多くの日本人)の裏切り耐性

ドイツでボードゲームが盛んになった「3つの理由」

diary20150305

どうもこんにちは。ゲーミフィJAPAN編集部トレジャーハンターのさとうです。

先日、ボードゲーム読書会なる会に参加してきました。
そもそもボードゲーム読書会とは何ぞや?というとことなんですが、この読書会では本を元に、ボードゲームの歴史という観点から学び、語り合うという会となっております。

続きを読む ドイツでボードゲームが盛んになった「3つの理由」

ゲームプレイ前の物語音読のススメ

「カタンやろうぜ!」

「いいね、いいね!」

「俺、青な!」

「いいからボードをさっさと作れよ(笑)」

 さて、このあと準備ができたら、どのようにプレイしますか?

 多くの方は、ここから最初に家を建てる人を決めると思います。(カタンの開拓者たちというドイツ発のゲームを例に出していますが、ご存じない方がいらっしゃいましたら申し訳ありません!) 続きを読む ゲームプレイ前の物語音読のススメ

「カードゲームを作ろう!」ワークショップ第 1 期を終えて

ゲーミフィジャパン 枢機卿の石神です。

昨年 12 月から今年の 2 月にかけて、「カードゲームを作ろう!」ワークショップを主催させていた だきました。全 9 名の参加者のうち 6 作品が既に印刷所に入稿され、5/5 のゲームマーケット 2015 春にて販売予定です。

【経緯】

私は、アナログゲーム自体に触れるようになってまだ 2 年くらい。 もちろん、アナログゲームを作る専門家でもありません。

アナログゲームの魅力に触れて、アナログゲームを問題解決に活用したいと思う仲間と出会い、 ゲームマーケットを知り、過去 2 回、ゲームマーケットで作品を発表しました。 (初出店時は「ナジョム王」、2 回目は「ワンナイトラブ」を出品。)
続きを読む 「カードゲームを作ろう!」ワークショップ第 1 期を終えて

WEBメディア「ゲーミフィジャパン」創刊のご挨拶

我々「ゲーミフィ・ジャパン(Gamifi Japan)」は、「ゲーム性で課題解決する。」をテーマに2013年から活動しているチームです。このたびWEBメディアというカタチで情報発信をスタートする運びとなりました。

◆ゲーミフィ・ジャパンの「ゲーミフィ(Gamifi)」は、ゲーミフィケーション(gamification)とゲーミファイ(gamify)の二つの語意にバランスすることを意図しています。
ゲーミフィケーションという言葉がアメリカ発で世界に知れ渡ったのが2010年。この「ゲ... 続きを読む→

カタンで鍛えられるビジネス力

まいど!

ゲーミフィジャパン、ウィザードのタカシサトウです!

世の中に自分のビジネスをしていくためにも、
「色んな力を付けていきたい」っていう方、多いと思います。

実はゲームって、そんなビジネスやそれ以外にも役立つことがあるって思うわけです。

という訳で、色んなゲームから、
「これって、ビジネスのこんな要素に役立つよなー」
ということを、ダラダラと書き連ねていきます。

続きを読む カタンで鍛えられるビジネス力

植林共生ゲーム「モリンガ!」プロダクトレビュー

枢機卿の石神です。

ゲーミフィジャパンがこれまで製作したゲームへの思い出を語るコーナーを作りました。
最初はやはり、ゲーミフィジャパンの(はじまったばかりの)歴史を語る上で外せない「モリンガ!」から。
2014年。ゲーミフィジャパンが「依頼を受けてその目的に沿ったゲームを開発した」
初めてのプロダクト、それが「モリンガ!」です。 続きを読む 植林共生ゲーム「モリンガ!」プロダクトレビュー

ゲームとアカデミズム 第1講 ゲーム研究概観

はじめに

山瀬健治

かつてゲームは「子供の遊び」として、まともな大人が取り合うものではないという意識が根強かったが、今や家庭用ゲーム機・携帯電話向けゲームの市場が4,000~5,000億規模に成長した現在では、社会として無視できないジャンルとなっている。

一方、アカデミズム(学術界)と言えば、「象牙の塔」として世間と乖離しているというイメージがあるが、ゲームに関する研究が昨今盛んになりつつある。

<... 続きを読む→