(ほとんど伏字の)パンデミックレガシー体験記~6月下旬~

タイトルが少しだけネタバレになってしまう訳ですが、
パンデミックレガシーでは、負けてしまうと、次回は同じ月の下旬をやることになります。

お話としては前回と同じ設定のままで引き継いでいきます。
もう一度負けると強制的に7月に移りますが…そうはなりたくない所。

どう考えても引きが悪すぎた前回を引きずらないように、
なんとか気持ちを立て直して向き合います。

世界を、救うんだ!

<準備>

今回は、前回の反省か... 続きを読む→

(ほとんど伏字の)パンデミックレガシー体験記~6月~

黄色の全都市に×××がうごめく地獄絵図となった5月から、
時間が空いてついに6月を進めることになりました。
(そして、この記録としてはさらに掲載が遅くなっていますが、そろそろ追いつけそう…。)

地獄絵図の中で、ちょっとずつ都市の○○○○レベルも上がっているし、
今後どうなるかほんとに不安の中、×××や△△△△△などなどについて
じっくりと確認した上で、6月開始です。

<準備>
まずは▽▽▽▽カードをめくることで新しいル... 続きを読む→

(ほとんど伏字の)パンデミックレガシー体験記~5月~

さて、4月を辛くも勝利し、引き続き5月です。
4月の劇的な変化が続き、物語はどんどん変わっていきます。

最初は、「科学者達があちこち飛び回って世界を救う!」って感じだったのですがね…。

<準備>

4月に続いてなのでルールの確認は不要、と思いたいところですが、
先月追加になった「▲▲▲」について良く理解を深めていきます。

なんと、「▲▲▲の都市」になってしまった場合は、
その都市のプレイヤーカードが出た場合にも▲▲▲... 続きを読む→

(ほとんど伏字の)パンデミックレガシー体験記~4月~

レポートがずいぶん遅れてしまいました。
そんな中でもちょっとずつ、パンデミックレガシー体験は進んでおりましたので、
体験記を思い出しつつ記載していきます。

<準備>

3週間、空いてしまった分、またルールやら状況をかなり忘れています。
ルールブックについて、特にシールで上書きされている部分を中心に再度確認します。

前回からの申し送りとしてのメモがありました。

「○○○」の能力は、
 ・カードを捨ててその都... 続きを読む→