カテゴリー別アーカイブ: 記事

ゲームとアカデミズム 第1講 ゲーム研究概観

はじめに

山瀬健治

かつてゲームは「子供の遊び」として、まともな大人が取り合うものではないという意識が根強かったが、今や家庭用ゲーム機・携帯電話向けゲームの市場が4,000~5,000億規模に成長した現在では、社会として無視できないジャンルとなっている。

一方、アカデミズム(学術界)と言えば、「象牙の塔」として世間と乖離しているというイメージがあるが、ゲームに関する研究が昨今盛んになりつつある。

<... 続きを読む→

ドミニオンから見る物語

ドミニオンとは、デッキ構築型ゲームブームの火付け役となった2009年ドイツ年間ゲーム大賞受賞作品である。

 さて、このゲームをプレイしたものも多いだろうが、いかんせんカードの種類が豊富であり、まずはこれらのカードの把握をすることがゲームを優位に進めるための手段となりうるだろう。

 かくいう私も、何度もプレイしたが、カードの特性やそのゲームで使用するカードの組み合わせによってどのような戦略を立てるのか、それだけで頭がいっぱいである。

 最初にプレイしたのは友人宅であるのだが、類似作品をプレイしたことがあったため、とくにルール説明もなく、プレイして覚えろというものであった。

続きを読む ドミニオンから見る物語

ビリヤードの原型!?滋賀県 彦根市の伝統ゲーム「カロム」を遊んでみた

どうもこんにちはゲーミフィライターのさとうです。

先日、カロムという盤上遊戯を遊んできました。

カロムとは、2人以上でプレイする盤上遊戯で、円筒形の玉をはじいて先にキングを取るというゲームです。 続きを読む ビリヤードの原型!?滋賀県 彦根市の伝統ゲーム「カロム」を遊んでみた

ピエールが考えるボードゲームの世界から学びと分析

ピエールが考えるボードゲームの世界から学びと分析

どんな記事が出来上がるのか?
西洋人と東洋人の違いからの分析
テレビやマンガなど、他のメディアとの関連性 ゲームを教育的な観点で見てみるとなど、多角的な視点で、ゲームを語れたらと思ってい ます。

【すきものとひょうげもの】

すきものはボードゲーム、ひょうげものはマンガ 描き出される世界は、お茶の世界、それも茶器の世界。

すきものというゲームは、茶器の売り買いをベースにしたゲーム。 日本全国に散らばっている茶器を買い付け、それを売るという言葉にすると至極簡単なの ですが、このゲームの素晴らしいところは、時間の概念があるということ。
続きを読む ピエールが考えるボードゲームの世界から学びと分析