カテゴリー別アーカイブ: ホーム

ホームのカテゴリ

(ほとんど伏字の)パンデミックレガシー体験記~4月~

レポートがずいぶん遅れてしまいました。
そんな中でもちょっとずつ、パンデミックレガシー体験は進んでおりましたので、
体験記を思い出しつつ記載していきます。

<準備>

3週間、空いてしまった分、またルールやら状況をかなり忘れています。
ルールブックについて、特にシールで上書きされている部分を中心に再度確認します。

前回からの申し送りとしてのメモがありました。

「○○○」の能力は、
 ・カードを捨ててその都... 続きを読む→

(ほとんど伏字の)パンデミックレガシー体験記~3月~

2月に引き続いてプレイ。
記憶が新しい間に進められるって素敵。
そして次に何が巻き起こるのかすごい興味津々。
まだ2月までしかしてないのに物語が劇的すぎる!!!

さぁさぁ、始めましょう。

<準備>

・初期配置は慣れたもの、といいながら、いろいろ忘れたりするので再度確認しながら。
 カードのシャッフルはほんとに気を遣う... 続きを読む→

(ほとんど伏字の)パンデミックレガシー体験記~2月~

前回から約1か月。世界の危機をとっても気にしながら過ごしてきましたが、ついに2月を実施するときが!!
今日は一気に2か月いっちゃうぞ!

という意気込みで開始しました。

今回も、伏字ばかりで何のことか全く分からないかと思いますが、盛り上がったこの気持ちを記録しておき、少しでも伝われば幸いです。

#伏字が増えすぎて、同じ記号でも同じ言葉を示してない所が結構... 続きを読む→

カエル好きの彼女に捧げる戦略カードゲーム「カエルタベル」制作秘話

こんにちは。ゲーミフィジャパン、マッドサイエンティストの佐藤です。

来週5/5にビックサイトで行われる「ゲームマーケット2016春」にて私が作成した「カエルタベル」が再販されます。

[caption id="attachment_685" align="alignleft" width="300"]

すでにあなたもやっている。「時間制限」のゲーミフィメカニクス

リレミト!
はい、ゲーミフィジャパン代表魔導師のさとうたかしです!

今記事では、普段のお仕事、生活に取り入れられるゲーミフィケーションメカニクスを紹介していきます!

今回のテーマは「時間制限」です。

時間制限って、何だか制限されてるようで窮屈な気がしてマイナスに聞こえるかもしれませんが、

ガラパゴス日本で英語を使いこなすための、たったひとつの冴えたやりかた

ホイミ!

ゲーミフィ、代表魔導師のさとうたかしです。
今回の記事は煽り上等!
英語学習に有効だと思われるゲームの使い方です!

今回の記事では、

続きを読む ガラパゴス日本で英語を使いこなすための、たったひとつの冴えたやりかた

いよいよ開幕! 2015年カタン日本選手権大会

2015年カタン日本選手権大会が九州トーナメント大会を皮切りとして、いよいよ開催されます。

続く東日本トーナメント、西日本トーナメントをあわせた、それぞれの上位入賞者は8月の2015年ファイナル東京大会の出場権を与えられます。
(日時や場所等の詳細は本文最後にまとめて掲載)

続きを読む いよいよ開幕! 2015年カタン日本選手権大会

3日で目標達成!!密かに注目されているCx3BOOSTER開発者へインタビュー その2

「メラミ!」

はい、ゲーミフィジャパンの魔導士の佐藤隆です!

前回に引き続きクラウドファンディングで、カードゲームの製作の資金調達を行い、3日くらいで目標額を達成し注目されています。Cx3BOOSTERの開発者である、大林さんとのインタビューを掲載していきます。

続きを読む 3日で目標達成!!密かに注目されているCx3BOOSTER開発者へインタビュー その2

3日で目標達成!!密かに注目されているCx3BOOSTER開発者へインタビュー その1

「メラ!」

はい、ゲーミフィジャパンの魔導士の佐藤隆です!

今回はクラウドファンディングで、カードゲームの製作の資金調達を行い、3日くらいで目標額を達成し注目されています。Cx3BOOSTERの開発者である、大林さんとのインタビューを掲載していき... 続きを読む→

ゲーミフィケーション的な観点から読むマンガの楽しみ方

どうもこんにちは、トレージャーハンターのさとうです。

さて、今回はマンガというテーマで記事を書いてみたいと思います。

私の好きな作品、そしてみなさんの知っている、もしくは読んだことのある売れ筋な王道タイトルばかりではありますけれど、そういった作品に「ゲーム的な要素」が取り入れられているのでは?という視点で各マンガを紹介していきます。

続きを読む ゲーミフィケーション的な観点から読むマンガの楽しみ方