moringa

植林共生ゲーム「モリンガ!」プロダクトレビュー

そこから、「二酸化炭素を排出する人間も、モリンガの生育環境に役立つ、バランスによる共生。」
というテーマでゲームを作ることになりました。

コンセプトとメッセージが明確になったところで、ゲーム化を考えていると、
・共生、つまり数を合わせることで得点になるゲームがいいのでは
・パネルに書かれた絵の木と人を組み合わせて得点
・せっかくだから競うのではなくみんなで高得点を狙おう!
と、どんどんアイデアが生まれ、瞬く間にゲームの基礎が出来たのでした。

さらに、「子供にも楽しめるように」とルールをシンプルに、
木のコマを並べる楽しさ、得点を取った時の「モリンガ!」という掛け声などの
エッセンスが追加され、今の形になりました。

協力するゲームなので、みんなで考えることで小さな子供も参加できます。
実際、開発後にイベントで遊んでもらったところでは、子供にも大人気。
気に入って購入してくださる親子連れも多くいらっしゃいました。

完成したゲームの評価に、植林チーム「ショクリンガー」のメンバーの方々も非常に喜んでいただきました。
ゲーミフィジャパンとして、この「モリンガ!」が一番の思い出として残っているのは、
「依頼を受けてその目的に沿ったゲームを開発した」初めてのプロダクトだったからと
最初に書きました。
私個人としては、「依頼者に喜んでもらえるゲームを開発した」初めてのプロダクトだったことが、
重要な原体験になっている気がしています。
この出会いがきっかけになって、「もっと多く、いろんな方にゲームを使った協力をしたい。」と
考えるようになりました。

これからも、多くの方にゲーム開発やゲーム活用でお力になれればと思います。

なんだか所信表明のようになってしまいましたが、
今後も、このコーナーで思い出を語っていければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>