「カードゲームを作ろう!」ワークショップ第 1 期を終えて

ゲーミフィジャパン 枢機卿の石神です。

昨年 12 月から今年の 2 月にかけて、「カードゲームを作ろう!」ワークショップを主催させていた だきました。全 9 名の参加者のうち 6 作品が既に印刷所に入稿され、5/5 のゲームマーケット 2015 春にて販売予定です。

【経緯】

私は、アナログゲーム自体に触れるようになってまだ 2 年くらい。 もちろん、アナログゲームを作る専門家でもありません。

アナログゲームの魅力に触れて、アナログゲームを問題解決に活用したいと思う仲間と出会い、 ゲームマーケットを知り、過去 2 回、ゲームマーケットで作品を発表しました。 (初出店時は「ナジョム王」、2 回目は「ワンナイトラブ」を出品。)

その作品作りの中で感じたことは、自身の作品についてよりも、 ・多くの仲間から、いろんなゲームのアイデアが浮かぶこと ・それらは、その人の背景を十分反映して、素敵な想いが乗っていること ・でも、多くはアイデアのみで、完成まで行き着くのはかなり少ないこと

などで、ほんとうに「もったいない」と思っていました。

ゲームマーケットという日程が決まった発表の場に対して、スケジュールを持ってモノを作るという のは確かに難しいです。 そこで、「多くの人が想いをカタチに出来るようになってほしい!」と思い、ワークショップの開催を 決意しました。

【「カードゲームを作ろう」ワークショップとは】

「カードゲームを作ろう」ワークショップでは、3 か月間、全 6 回を通して、モチーフの選び方、物語 の考え方から、メッセージやコンセプトの構成を検討、その上でパターンを考えてルールを作り、 最後にデザインを決めてコンポーネントを作るまでを、参加者に寄り添って一緒に進めていきます。

「こうすべきである」といったアドバイスなどはありません。 面白いゲームになることを保証することもできません。 ただ、「想いをカタチに」する。そのための方法論をお伝えするものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>