(ほとんど伏字の)パンデミックレガシー体験記~5月~

さて、4月を辛くも勝利し、引き続き5月です。
4月の劇的な変化が続き、物語はどんどん変わっていきます。

最初は、「科学者達があちこち飛び回って世界を救う!」って感じだったのですがね…。

<準備>

4月に続いてなのでルールの確認は不要、と思いたいところですが、
先月追加になった「▲▲▲」について良く理解を深めていきます。

なんと、「▲▲▲の都市」になってしまった場合は、
その都市のプレイヤーカードが出た場合にも▲▲▲▲▲▲▲▲が置かれてしまう!とのこと
(普段は、感染カードで出た都市にウィルスが置かれて、プレイヤーカードは
 移動や薬の開発に利用するのだけど、それが、そちらでも▲▲▲▲▲▲きてしまう!!!)

一応、プレイヤーカードによっておかれた場合には◆◆◆◆◆◆◆しない、とは言うけれど、
これは、さらにさらに◆◆◆くるに違いない…。怖い。

他にも、○○○○○というものが出来ました。
これは、都市の○に置くことで、○○○○○○○して○○○のを○○ことが出来ると。
これにより▲▲▲の広がりも防げます。
一つの都市の周りを全部囲めば○○○○○○○しなくなります。
まぁ、作った○○○○○を超えるのも大変になるので、○○○いいという訳ではありません。

ただ、ここで疑問。
○○○○○のシール、なんか途中で分離するんですけど、なぜでしょう?
特に説明が無いまま、はがすと分離してしまう。
一応、一緒に貼りましたが、、、、なんだったんでしょうね。
あとで別れるのでしょうか??

そして、新キャラクター

・・・☆☆

☆☆?

え?

もう職業なのそれ?□□でしょ??

☆☆は○○○○○回りでいろいろ出来る模様。
とはいえ○○○○○自体の意味が良く分かってないしなー…。
どうしたものか…。

とりあえずは様子見かな。。

<序盤>

最初から黄色(今は▲▲▲)がどんどん出ます。

そして毎度●●を忘れてしまったり。

プレイヤーカードも黄色がどんどん出ます。

これは酷い。酷すぎる。スタートから▲▲▲が溢れます。

突然ですが、「ヨハネスブルク」って初めて聞いた気がします。
5回目なのに。なんだろう、初耳感。だから何ってわけではないですが、
なんとなく偏りってあるんですね。

<中盤>
とにかくできる限り手厚くケアを!
▽▽▽はひたすら▽▽に次ぐ▽▽を実施
なんとか持ちこたえてるぞ!!

△△△は、△△△の能力を駆使して世界中を駆け回り、◇◇◇◇を作りまくる!
(それ、△△△の役目なのか??)

▲▲▲▲▲▲▲▲は▲▲なのでなんだか触りたくなる感じ。
▲が▲▲▲くる感じが出ています。
▲▲を失った▲▲▲たちが世界に広がっていく…

そして●●を忘れてもったいない。

<終盤>

意外となんとかなりつつも世界は▲▲▲で▲▲ていく
(とはいえまだ黄色の都市の中だけのことではある)

●●をちゃんと使うものの、感染率が上がっており2枚の●●では●●●●分からない。
余計に不安になったり…。
やはり終盤は賭けに出る必要が出てきます。

・・・

なんとかなった。

カードはあと3枚、アウトブレイクも感染率もあと2個でアウト。

どうだ?間に合うか???

・・・・間に合いました。これまた奇跡といっても良い。

とはいえ、黄色の都市全域に▲▲▲がうごめく様相。

地獄だ…。

<クリア後>

黄色に侵入して○○○○○を貼るためにも◇◇◇◇が必須、ということで、
アップグレードにてボゴタ・ラゴスに◇◇◇◇を設置。

なぜかといえば、▲▲▲▲▲▲▲▲が1個でもある都市でスタートすると
▼を▼▼▼しまうルールに変わったため、▼▼▼アンド▼▼▼▼が難しくなってしまっています。
取り除けない▲▲▲が増えてくると侵入自体が容易では無くなり…。

今回はギリ耐えたけど、次回大丈夫なんだろうか???

それにしても、「科学者達があちこち飛び回って世界を救う!」ゲームはもはや、
「▲▲▲を相手に▲▲を中心とした▲▲を▲▲して対処する」ゲームになっているような。
それはもう▲▲▲▲▲▲▲と言うのでは…。

※すでに6月も体験済みですが、レポートはもう少しだけおまちください。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>