(ほとんど伏字の)パンデミックレガシー体験記~11月下旬~

思い出しつつ書いているこの記事。
部分部分のメモしか書いてないのだけど、読み返してると思い出が蘇ってきますね。

さて、メモを読むと、11月の敗戦はかなり堪えたようです。
もうすぐクリアできるという想いだったようで…。

気を取り直していきます。
まずは、
「初期配置の▼▼▼▼に▼▼▼▼ を忘れない」
というメモが残っています。
これ大事。▼▼▼▼。今や▼▼の▼▼です。ずっと▼▼▼になってきたのにねぇ。

そして、前回負けた理由を考える。
一番は、★★★が★★かったこと。との結論。
確かに、★★を使いこなす★★★はいつもみんなを★★★くれます。
(★★★の場所の★★★★が★れない(通称:★)ってのも一緒に★★する★★にとってとても助かる)

という訳で、いまいち使い道が分かっていない●●●●さんには
一度お帰り頂いて、★★★様にご登場いただくことに。

そして、▼▼▼▼を▼▼させて、その▼▼りの▼▼手段として、
△△△△△△△△に△△△△を△ってもらうのを△△△△△めて行こう!!

ということで方針も決まりました。

スタートです。

<序盤>

淡々と進みます。

赤のウィルスはすぐ無くせました。
残りは青と黒ばかり
黄色ほぼ無しですね。

これは順調?

サクサクと3個をケアしていき…。

我々も歴戦の強者。11月下旬ともなれば気が付くのです。

「なんか平和なのが気持ち悪い。」

早く 薬を作っていかないと嫌な予感が的中してしまう。

よく盤上を見る。

エピデミックで、マドリードが出たら☆☆☆が広がってしまう。
おぉ、☆☆☆の☆☆が広がる☆☆の☆☆が起こりそう!

まずい

そこれで

◆◆!!!

うん、◆◆◆なんともない。◆◆◆◆だもの。

<中盤>

黒の薬は◇◇◇から3枚渡して作ってもらう。

あとは▲▲▲▲をもらって

どうしたらいいんだっけ?
なんだか手持ち無沙汰、いやこれが不安なの。

エピデミックで一番下からマニラが出て、シャッフル後
上からマニラで不可避のアウトブレイク。

事後処理にあたる。

そんななか「□□□□」をゲット。これは&&&&&&(←不適切発言だから伏字)。

赤を◇◇◇から2枚渡し、あとは◇◇◇◇間で◇◇◇すればOKか

ホントに順調?疑心暗鬼になるワレワレ。

▲▲な▲▲のマイアミを▲▲▲▲。
なんとか▲▲を▲▲。

☆☆もちゃんとできてるね。

▼▼▼▼のせいで▼▼▼▼▼▼たくさん必要になり
▼▼ない▼▼がちょこちょこ発生。

必死で☆☆いて☆☆のみがやっと。

キンシャサで$$$$$(1枚ごとに$$$を$$せる)を実施し$$す。

黄色が手札に出ない。これはいいことと悪いことがあって、
☆☆☆が☆☆て☆かない☆☆りに☆☆もしづらい☆☆。

◇◇◇は色(赤・青)を引き続ける いいぞ

赤の薬も作った。

「あ、私、●●●に●なるカード持ってます。」
はやく言ってよー。

じゃあ青もすぐ作れるじゃん

<終盤>
何事も無い。本当に順調だ。

☆☆☆も異常に☆☆☆。どうしたの?

で忘れたころエピデミック、やはり何か起きてしまうか~!
と思ったところで、

「□□□□」で回避

これで問題無し。

うん、これが「□□」というやつなのか。

またすぐエピデミックだー!と思ったら◎◎◎◎も一緒に引く。

そこでリャド(××××××)を××!

しかし、4枚中1枚××したが残り3枚で全部アウトブレイクな状態で
3枚引かないといけない。

最悪のアウトがやってくる。

連鎖連鎖

××も×××しまう。

「*****」
…**が同じ**に**いと*******が出来ない
そりゃさみしいな。。

余裕があったら@@をとか言ってたけど全然@@ない

ニューヨークからロンドンに連鎖。
また×。
もう×××だね。12月まで×××いればいいみたいな思いも出てくる??

▼▼▼▼で一気に★★マーカーを撒く。
★★★たち、未だに★★★てくれてありがとう。

ウィルス3個のところにいた◇◇◇を傷だらけの△△△△△△△△が
必死の救出。ドラマですね。

とてもボロボロの状態ですがなんとかゲームとしてはクリア。
◇◇も◇◇◇◇◇も◇◇い◇◇になってきてますが、
あとは12月だけだから、なんとか…。

<終了後>
アップグレードは△△△△△と△△△△を。

最近、青色のウィルスを見落としがち。
昔は黒が見落としがちだったのだけど。

ナチュラルに忘れれてアウトブレイクは良くないよね。
ちゃんと目を配ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>